本文へ移動

構造用ドリフトピン

「大断面集成材」を使用した「大規模木造建築」においては、その接合方式として、「ボルト接合」と並んで「ドリフトピン接合」が一般的に採用されています。ドリフトピン接合はボルト接合と異なり「初期ガタ」(ボルト本体と通し穴の差)による耐久性低下が少なく、剛性の高い接合が可能となります。 また、座彫り等の必要が無いため断面欠損をおこす可能性も低く、接合部を外部に露出させない工法も可能なことから、意匠の点においても有利であると言われてます。近年では一般木造建築等の仕口部分において、各社がオリジナル工法を提唱しているようですが、その接合に、「ドリフトピン」が使用されている例も多くみられます。 当社ではこのような「構造用ドリフトピン」について随時製作納入を行っております。
 
株式会社 丸 鋲 
〒720-0092
広島県福山市山手町5丁目29番地3号
TEL.084-952-2222(代)
FAX.084-952-2225
 
 
2019年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
0
4
3
7
4
TOPへ戻る